EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

アイード、「英文発話を発音記号で可視化」できるように発話評価AI技術を改善

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/09 07:00

 アイードは、英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX(チボックス)」を強化し、英文発話を発音記号で視覚的にフィードバック可能にする「英文発話診断カーネル」を8月1日から提供開始する。

 従来は、「英文発話評価カーネル」により、発音・流暢さ・正確性・完全性を音素レベルで評価し、採点することができたが、学習者は各項目の点数から「発話内容のどこがどのように悪かったのか」「正しい発話と自分の発話はどう違うのか」などがわからないという課題を抱えていた。

 今回のアップデートから、学習者の発話内容が評価に加え、発音記号で可視化されるため、発音の改善に、より役立つフィードバックを得られるようになった。リアルタイムの発話内容に対するフィードバックも可能となっている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0