EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

兵庫県が全県立高校で「Surface Go 2」の導入を決定、1万6000台を展開予定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/18 07:00

 日本マイクロソフトは6月17日、兵庫県教育委員会が1万6000台の「Surface Go 2」および全生徒分の「Office 365」を、県立高校向けに展開すると発表した。

 兵庫県教育委員会は、「Surface Go 2」を県立学校の高校生向け学習者用端末として配備し、9月より利用開始する。自治体における「Surface Go 2」と「Office 365」の組み合わせは、先日発表された東京都渋谷区の事例に続くもので、導入台数としては最大規模となる。

 今回の導入決定は、第3期「ひょうご教育創造プラン」に基づく教育ICT環境の実現のためであり、自治体が「Surface Go 2」を高等学校へ導入するのは全国で初めて。また、端末配備と同時に「Office 365」等のライセンスを全生徒に付与することで、より高度な教育ICT環境の整備を目指す。

 特に、新型コロナウイルス感染症の影響で遠隔学習環境の整備が急務となっている中、ビデオ会議を中心としたコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」と「Surface Go 2」の活用により、子どもたちの学びを止めない環境を実現していく。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0