EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

Amazonで2020年3月に売れた教育関連の本、1位から50位までをランキングで紹介

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/10 07:00

 2020年3月の1ヵ月間に、Amazonで売れた教育関連本のランキングを1位から50位まで紹介する。3月の新刊では22位に『迷走する教員の働き方改革』、29位に『国語科基礎力トレーニング』、39位に『教師の言葉かけ大全』がランクインした。

 2020年3月の1ヵ月間にAmazonで売れた教育関連本、1位から50位までを一挙に紹介(Amazon協力のもと、「教育学」ランキングから作成)。下記では直近の新刊を簡単に取り上げる(2月のランキングはこちら)。

迷走する教員の働き方改革――変形労働時間制を考える

 22位には『迷走する教員の働き方改革――変形労働時間制を考える』(内田良他、岩波書店)。2021年度から公立学校教員に導入可能となった「1年単位の変形労働時間制」を中心に、なかなか改善できない教員の働き方について議論されている。

「繰り返し」で子どもを育てる 国語科基礎力トレーニング

 29位には『「繰り返し」で子どもを育てる 国語科基礎力トレーニング』(土居正博、東洋館出版社)がランクイン。子どもたちに国語力を身につけてもらうための、継続と繰り返しを重視した教育方法が解説されている。

教師の言葉かけ大全

 39位には『教師の言葉かけ大全』(三好真史、東洋館出版社)。教師が子どもたちにどんな言葉をかけるべきか、シチュエーションごとに適切な言葉や表現が紹介されている。

 1位から50位までの全体ランキングについては次のページに掲載している。なお、前月順位についてはデータ取得の方法・仕様により変動する場合がある。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

    翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0