Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

学習プログラム設計システム「UMU」、教育機関向けにリモート学習支援を開始、入学式などの生放送は最短3日で準備

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/12 14:10

 マイクロラーニングサービス「UMU(ユーム)」を展開するユームテクノロジージャパンは、小中高大の教育機関や教員向けに、リモート学習体制構築のための支援を3月12日より開始した。

 「UMU」は、双方向性のあるオンライン学習プログラムを設計するラーニングシステム。生放送や、オンライン講義(Zoom)、ディスカッション、アンケート、テストなどを含めた学習を実施でき、その評価を学習者ごとで管理できる。「UMU」が提供する機能を使うことで、るデジタル教室(リモート学習)の実施が可能。通常の学校向けプランは、年間費用200万円で生徒数、教師数、教室数無制限で全機能を利用できる。

 今回、新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国の小中高校が臨時休校となったため、多くの学校関係者は学習継続方法の模索や卒業式の中止、限定的開催、4月以降の入学式や学習体制の構築に追われている。この状況を受け、「UMU」は、学習支援としてオンライン講義(Zoom)機能やデジタル教室機能など一部の機能を、無料で提供することを決定した。具体的な支援は以下の通り。

  • 学校や大学の各学部(学科)には半年間無料、教師個人には1年間無料
  • 卒業式や入学式の生放送は、最短3日間で体制構築を行う
  • 教師向けにオンライン上に活用フォーラムを提供
  • 教師向けにオンライン勉強会を提供
  • その他支援

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0