EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

府立箕面高校でAIによる英語授業支援ツール「トレパ」を用いた実践授業実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/26 12:10

 デジタル・ナレッジは、AIを使った英語4技能対策授業実現ツール「トレパ」を活用した授業を大阪府立箕面高等学校にて実施したと発表した。

 トレパは、AIを用いて英語4技能教育における教員の負担を軽減する英語トレーニングツール。AIがテキストを読み上げる機能や学習者の発音をネイティブスピーカーと比較して評価する発音評価機能、誤字や文法をチェックし訂正する単語/文法チェック機能などを搭載している。教員は、これらの機能により授業内容に応じたオリジナルの教材を作成・編集することができる。

 今回の授業は、高校1年生を対象に、教科書本文を聴いたり読んだりして、その概要を把握し、英語で要約することや絵の内容を英語で話すことができるようになることを目標に実施された。

 授業の流れは、まず帯活動として写真を英語で説明し、発音評価機能で自分の発音をチェック。その後、読み上げ機能を使い教科書本文をリスニングし、理解した内容をペアに英語で説明、内容の理解を深めた。次にキーセンテンス定着のための音読を行い、一番良い発音評価を授業後にメールで提出することとした。次回の授業では本文を英語で要約し、トレパでアウトプットを評価する。

 授業の詳細は下記プレスリリースの動画にて確認することができる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0