Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

明光義塾調べ「小中学生保護者の塾に対する意識調査」が発表、子どもの塾での学習内容を把握していない保護者は3人に1人

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/27 11:40

 明光ネットワークジャパンは、小学生4年生から中学3年生の子どもを持つ保護者を対象に実施した、塾に対する意識調査(以下、同調査)の結果を、1月23日に発表した。

 同調査は、小学生4年生から中学3年生の子どもを持つ全国の保護者600名(小学4年生~6年生の子どもを持つ保護者:300名、中学生の子どもを持つ保護者:300名)を対象に、1月14日~1月17日の期間にインターネット上で実施されている。

47.0%の小中学生が「現在、塾に通っている」、通う予定の子どもを含めると61.2%

 小学4年生から中学3年生までの子どもを持つ保護者600名を対象に、自身の子どもは塾に通っているか聞いたところ、「現在、塾に通っている(47.0%)」「今後、塾に通う予定がある(14.2%)」「今後、塾に通う予定はない(26.2%)」「わからない(12.7%)」といった結果になった。

「あなたのお子さまの通塾状況についてあてはまるものをお選びください」
「あなたのお子さまの通塾状況についてあてはまるものをお選びください」

保護者が考える、子どもが塾に通う適齢期は「中学1年生」が最多

 次に、同じ回答者に対し、子どもが塾に通う最も適した学年を質問したところ、最も多かったのが「中学1年生(16.7%)」、次に「中学2年生(13.0%)」、そして「小学5年生(11.3%)」と回答が続いた。

「あなたが考える、お子さまが塾に通う最も適した学年を教えてください」
「あなたが考える、お子さまが塾に通う最も適した学年を教えてください」

塾に通う目的、第1位は「受験対策(65.4%)」

 子どもが塾に通っている、塾に通う予定があると回答した保護者367名を対象に、塾に行く目的を質問したところ、最も多かったのが「受験対策(65.4%)」、次に「成績向上(64.9%)」、そして「苦手科目の克服(45.5%)」と続いた。

塾を選ぶ際、保護者は「指導方法」「アクセス」「塾の雰囲気」を最重要視

 子どもが塾に通っている、塾に通う予定があると回答した保護者367名を対象に、塾を選ぶ際、重要視することは何か聞いたところ、約7割の保護者が「指導方法(69.5%)」と回答した。次に重要視しているのは、「アクセス(54.2%)」と「塾の雰囲気(52.9%)」だった。

「学習意欲の向上」を求めている保護者は8割以上

 子どもが塾に通っている、塾に通う予定があると回答した保護者367名を対象に、勉強以外に塾に求めたいことについて聞いたところ、8割以上の保護者が「学習意欲の向上(82.8%)」と回答した。次に「自立心の育成(40.9%)」と「競争意識を身につける(33.5%)」が続いた。塾に通うことで勉強だけではなく、精神的な成長も期待している保護者が多いことが分かった。

しかし、子どもの塾での学習内容を把握していない保護者は3人に1人

 現在、塾に通っている子どもの保護者282名を対象に、子どもの塾での学習内容を把握しているか質問したところ、「把握している(17.7%)」と「どちらかというと把握している(49.3%)」をあわせた67.0%の保護者が、子どもの塾での学習内容を把握していることが分かった。

 一方、「把握していない(8.9%)」と「どちらかというと把握していない(24.1%)」をあわせた33.0%の保護者(子どもが塾に通っている保護者の3人に1人)が、塾での学習内容を把握していないことが分かった。

「あなたはお子さまの塾での学習内容を把握していますか?」
「あなたはお子さまの塾での学習内容を把握していますか?」

子どもの塾での学習内容、小学生の保護者と中学生の保護者で把握に差があり

 また、小学生の保護者と中学生の保護者で比較すると、小学生の保護者は「把握している(27.8%)」と「どちらかというと把握している(51.6%)」をあわせた79.4%となった。中学生の保護者では「把握している(9.6%)」と「どちらかというと把握している(47.4%)」をあわせた57.0%となり、子どもの塾での学習内容の把握について、小学生の保護者と中学生の保護者の間で差があることが分かった。

小学生の保護者と中学生の保護者の比較
小学生の保護者と中学生の保護者の比較

子どもが通う塾を選んでいる保護者は8割以上

 現在、塾に通っている子どもの保護者282名を対象に、現在子どもが通っている塾は誰が選んだのかと聞いたところ、「保護者(41.5%)」が最多で、次に「本人と保護者(39.0%)」、そして「本人(18.8%)」「その他(0.7%)」だった。塾を選ぶ際は、8割以上の保護者が関与していることが明らかになった。

80.1%の保護者が塾のサポートに満足し、高評価

 現在、塾に通っている子どもの保護者282名を対象に、保護者に対しての塾のサポートについて質問したところ、「満足している(19.5%)」と「どちらかというと満足している(60.6%)」をあわせた80.1%(8割以上)の保護者が、塾の保護者に対するサポートに満足していることが分かった。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0