SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

グローバルQ&Aアプリ「HiNative」、Web版にて添削機能を先行して搭載

 Lang-8は、同社が運営する、世界中のネイティブスピーカーがお互いに言語や文化を教え合うグローバルQ&Aアプリ「HiNative(ハイネイティブ)」のWeb版にて「添削機能」を先行して搭載した。

 「HiNative」は、ネイティブスピーカーがお互いの言語や文化を教え合うグローバルQ&Aアプリ。現在500万人のユーザーが世界232ヵ国で利用しており、113の言語でやりとりされている。HiNativeには、自分で作成した外国語の文章を自然かどうかネイティブスピーカーに添削してもらう質問テンプレート「この表現は自然ですか?」がある。

 今回、この機能を更に改善・発展させた「添削機能」をWeb版に先行して搭載した。従来のものでは、文章のどこを訂正されたか分かりづらい仕様だったが、この新機能により、訂正された箇所を瞬時に見分けることができるようになった。

 具体的には、質問者はテンプレート「この表現は自然ですか」を使い、添削してもらいたい文章を入力・投稿する。その文章について回答者が「とても自然」以外の選択肢を選ぶと、添削画面が出現。削除された部分や不足している部分が表示され、元の文章と比較しながら添削できる。

 現在、Web版のみに搭載されているが、来年以降アプリ版への搭載も予定している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/2995 2019/11/28 15:30

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング