Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

井庭崇氏が、著書『クリエイティブ・ラーニング』について語るセッション、開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/01 12:40

 図書館総合展運営委員会は、今年出版された井庭崇氏編著『クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育』(慶應義塾大学出版会)に関するセッションを図書館総合展のフォーラム内にて行うと発表した。講演日は11月12日。

 書籍『クリエイティブ・ラーニング』は、これからの学びのあり方として「クリエイティブ・ラーニング」(創造的な学び)を掲げ、背景にある理論・思想と教育実践の事例を紹介している一冊。

 同フォーラムでは、「クリエイティブ・ラーニング」の概要とその重要性、そしてクリエイティブ・ラーニングの支援で重要となる「ジェネレーター」という役割について、井庭崇氏自ら説明する。その上で、これからの学校と書店、図書館のあるべき姿と新しい役割について語る。

 講演日時は11月12日13時~14時30分で、場所はパシフィコ横浜 第一会場となっている。参加費は無料だが、アカウントを作成した上で、事前の申し込みが必要。

 また、当日はブースも出展しており、井庭崇研究会所属の学生によるパターンランゲージのミニワークショップなどを行う。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0