Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

アーテック、ロボットプログラミング教材「アリロ」を活用した英語学習教材をEDIX関西にて発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/17 14:25

 幼稚園・保育園および小中高生向けの学習教材を扱うアーテックは、ロボットプログラミング教材「アリロ」を活用した新しい英語学習教材を、9月25日から9月27日に開催される「第1回関西STEM教育EXPO 」(EDIX関西)にて展示・紹介する。

 本教材では、音声認識技術とAIによる採点技術を利用したアプリケーションと、可愛いらしい見た目の知育ロボットが併用される。ITやAI、ロボットに親しみながら、自発的に繰り返し発話を促し、遊びを通して英語を学習することが可能となっている。2020年4月のリリースに向け開発中。

 アプリケーションは、サインウェーブが開発したソフトウェアをベースに、ロボットとの通信機能やオリジナル英語学習コンテンツが搭載される。マイクボタンを押してタブレットに向かって話すと、その場ですぐにAIが発音を採点。採点結果に応じてロボットをコントロールし、目的地まで導くなどさまざまな課題に取り組める。

 また、お手本の音源と発音した音声の聞き比べや学習履歴の確認も可能。AIによる自動採点技術にはiFlytek(アイフライテック)社の評価エンジンが採用されており、実際の英語のスピーキング試験で解答された音声データや、英語の専門家による厳しい採点基準のビッグデータにもとづき、高い採点精度を実現している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0