Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

プログラミングで必要な英語力を測定、「プログラミング英語検定」提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/10 12:35

 グローバリゼーションデザイン研究所は、プログラミングで求められる英語力を測定して認定する「プログラミング英語検定」のベータ版を提供開始するとともに、「プログラミング必須英単語600+」をクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで無償公開した。

「プログラミング英語検定」問題例
「プログラミング英語検定」問題例

 現代のプログラミングでは、リファレンスやソースコード内のコメントを英語で読んだり、関数名を英語で付けたりする必要がある。同試験では、受験者が検定に向けた学習をすることで英語力を高め、その結果として効率的にプログラミングができる力を身に付けることを目的としている。

 当面、同検定は無料で受験できるベータ版で提供し、2020年初めに正式版の公開を目指す。試験設計と作問は『アプリケーションをつくる英語』(インプレス)や『ITエンジニアのための英語リーディング』(翔泳社)など関連著書が複数ある、グローバリゼーションデザイン研究所代表の西野竜太郎氏が担当。

 また、同検定の提供開始と同時に、プログラミングに必須の英単語をまとめた「プログラミング必須英単語600+」をクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで無償公開した。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0