SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

TOEIC、大学入試英語成績提供システムへの参加申し込みを取り下げ

 日本でTOEIC Programを実施・運営している国際ビジネスコミュニケーション協会は、「TOEIC Listening & Reading Test(TOEIC L&R)」および「TOEIC Speaking & Writing Tests(TOEIC S&W)」の大学入試英語成績提供システムへの参加申し込みを取り下げることを、7月2日に発表した。

 「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」は、2018年(平成30年)3月26日付で、大学入試センターの大学入試英語成績提供システムへの参加要件をすべて満たしていることが確認されている。

 同協会は、大学入試センターと協定書の締結に関する協議を行うとともに、2020年4月からの同システム運用開始に向けて準備を進めてきた。

 大学入試英語成績提供システムへの社会的な要請が明らかになるにつれて、「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」がそれらに対応するには、受験申し込みから実施運用、結果提供に至る処理が当初想定していたものよりもかなり複雑なものになることが判明したため、現時点で協定書締結に向けた大学入試センターとの協議が完了しておらず、同協会は大学入試英語成績提供システム運用開始において、責任をもって各種対応を進めていくことが困難と判断した。

 これ以上、意思決定時期を遅らせることで、受験者および学校関係者に迷惑をかけないよう、同協会は「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」の大学入試英語成績提供システムへの参加申し込みを取り下げるという判断に至ったという。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/2350 2019/07/04 16:28

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング