EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

総合保育連絡アプリ「きっずノート」、全国私立保育園連盟の加盟園110園で導入

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/25 12:15

 三井情報が提供している、総合保育連絡アプリ「きっずノート」が、全国の約9000園が加盟する全国私立保育園連盟の110園に導入された。

 全国私立保育園連盟の加盟園では、近年「保育士の業務省力化」「保育の質の向上」「保護者の安心感の向上」「災害時の緊急連絡対策」といった課題を抱えており、「きっずノート」の導入はこれらの課題の軽減、解決が目的となっている。

 「きっずノート」は、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどで利用可能な総合保育連絡アプリで、従来は書面で行われていた保護者と園との子どもに関するさまざまなやり取りを、アプリによっていつでも入力・確認でき、きめ細やかな保育サービスを提供しつつ、保育者・保護者双方の負荷の軽減を実現する。また、災害発生時に、避難や待機といった状況を即時一斉連絡する機能も備える。

 今回の導入に先立ち、「きっずノート」はIT分野でははじめて、全国私立保育園連盟の推薦サービスとして正式に認定され、その後全国私立保育園連盟と三井情報との協業を経て、2か月あまりで全国私立保育園連盟に加盟する110園に「きっずノート」が導入され、現在も普及が進んでいる。


【関連リンク】
三井情報
「きっずノート」
全国私立保育園連盟



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0