Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

Lacicu、日本国内の教育格差解消を目指す「STANDプロジェクト」を発足

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/16 16:05

 Lacicuは、日本全国のすべての子どもたちが、平等な教育環境のもとで自身の夢を実現できる選択肢を持てるよう、AI・ICT技術を駆使してサポートする「STAND(スタンド)プロジェクト」を、4月26日に発足した。

 「STANDプロジェクト」では、学習塾や勉強のノウハウがないという地方の課題に合わせたソフトを提供し、基礎学力の向上から大学受験に対応する学力まで、目標に合わせた教育機会を提供する。

 また、「自分がなぜ勉強するのか」を1人ひとりが考える機会や、地方出身でも社会で活躍しているロールモデルとの接点を持つことで、視野を広げるとともに、進路の選択肢を増やせる。また、勉強の機会だけでなく、勉強のモチベーションにつながる重要なポイントをサポートする。

 そのほか、現地スタッフとの連携によるサポート体制を構築し、勉強のサービスを使いこなせるよう、定期的な面談を行っていく。

 なお、同社は「STANDプロジェクト」の第1弾として、高知県四万十町の高校のサポートを開始している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0