Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

神戸市教育委員会事務局総合教育センター、みんなのコードと協働で小学校の管理職向けプログラミング教育指導者用研修の実証実験を3月6日まで実施

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/26 14:15

 兵庫県神戸市の教育委員会事務局総合教育センターは、みんなのコードと協働で開発を進めてきた、小学校の管理職(校長・教頭)向けプログラミング教育指導者用研修の実証実験を、2月18日~3月6日の期間に実施している。同実証実験は、平成30年度の「Urban Innovation KOBE」の事業として行われており、神戸市北区の管理職に同研修を実際に提供し、効果を検証する。

 小学校の管理職向けプログラミング教育指導者用研修は、元校長である福田晴一氏が研修を行い、プログラミング教育導入の背景から、算数の教材を利用した模擬授業など、広範かつ実践的な内容となっている。

福田晴一氏
研修を担当する福田晴一氏

 同研修を実際に提供することで、理解の進捗度など効果を確認するとともに、ブラッシュアップを行う。また、結果に応じて他の地区の管理職への、同様の研修の提供も検討していく。

研修の様子
研修の様子

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0