Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

デジタル・ナレッジ、日本能率協会の「『VRで学ぶ』人を動かすファシリテーション研修 ~気づく力と対応力を身につける~」の企画・制作・運営をサポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/22 12:25

 デジタルナレッジは、日本能率協会が3月12日に開催する「『VRで学ぶ』人を動かすファシリテーション研修 ~気づく力と対応力を身につける~」における、会議演習VRの企画・制作・運営をサポートしたことを、2月22日に発表した。

 「『VRで学ぶ』人を動かすファシリテーション研修 ~気づく力と対応力を身につける~」では、VR技術を使ったファシリテーター目線での自然でリアルな会議体験を通じて、参加者が発する「発言者が偏っている/本音で発言していない/建前の議論に終始している/反応が薄い/内職している参加者がいる」といった微細なサインに気づく力と、そこに適切に介入する対応力の、2つのファシリテーションスキルを磨く。

 通常の映像では、カメラが向いた方向などから撮影意図が感じられてしまい、気づく力につながらないが、受講者自身が身体を動かしたり、360°見渡したりといった能動的アクションが可能なVRを活用することで、従来の研修では難しかったスキルを習得できるようになる。

 開催日時は3月12日9時30分~17時30分で、会場は機械振興会館(東京都港区)。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0