Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ソニー・インタラクティブエンタテインメント、保護者に実施した「家庭でのプログラミング教育」の意識についてのアンケート調査結果を発表、約83%が「家庭でも子どもにプログラミングを学んでほしい」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/31 15:35

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、1月26日・27日に幕張メッセで開催されたゲーム&ホビーイベント「次世代ワールドホビーフェア'19 Winter 東京大会」において、保護者を対象に実施した「家庭でのプログラミング教育」の意識についてのアンケート調査の結果を、1月30日に発表した。

「2020年に小学校でのプログラミング教育が必修化されますが、ご家庭でも子どもにプログラミングを学んでほしいと思いますか?」という質問に対して、全体の83%が「とても思う」または「思う」と回答した一方で、「現在、実際にご家庭でプログラミング教育をしていますか?」という質問には76%が「いいえ」と答えている。

2020年に小学校でのプログラミング教育が必修化されますが、ご家庭でも子どもにプログラミングを学んでほしいと思いますか?
現在、実際にご家庭でプログラミング教育をしていますか?

 家庭でプログラミング教育を行っていない理由を尋ねたところ、「自分自身がプログラミングについて全くわからないので、何から始めればいいのかわからない」「身近にプログラミングを学ぶきっかけがない」といった声が聞かれた。

 なお、「次世代ワールドホビーフェア'19 Winter 東京大会」におけるソニー・インタラクティブエンタテインメントの出展ブースでは、キューブ型のロボットを操作しながら新しいあそびが体験できる「toio」の展示を行っており、「toio」と同時発売となる3種類のタイトルをツアー形式で体験する「toio体験ツアー」を実施している。

 子どもたちが「toio」で遊ぶ様子を見ていた保護者からは「あそびを通じて、自然にプログラミングの基礎に触れることができる仕組みがよい」「子どもの興味を引き出すきっかけになりそう」「自分自身がプログラミングのことを知らないので、子どもと一緒に学んでみたい」といった声が聞かれたほか、「toio体験ツアー」に参加した女の子は「カードの上にロボットを乗せるといろんな動きをしておもしろかった。今度はママと一緒にやりたい!」と話していた。

「toio体験ツアー」の様子
「toio体験ツアー」の様子
「toio体験ツアー」の様子
「toio体験ツアー」の様子

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0