SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

「WRO 2018タイ国際大会」が11月16日から開催、日本からは6チームが入賞

 国際的な学生ロボットコンテスト「WRO 2018タイ国際大会」が、11月16日~18日(現地時間)にタイ・チェンマイで開催された。

 日本からは、全国から選抜された17チーム、60名が代表選手団として派遣され、6チームが入賞(8位以内)している。

 自律型ロボットをチームで製作し、製作されたロボットが競技をする「レギュラーカテゴリーでは、奈良県立奈良高等学校と奈良県立郡山高等学校で構成された「Analizer λ」が6位、愛媛県立八幡浜工業高等学校の「YTHS Rose Garden」が7位に入賞した。

 テーマに沿ったロボットの製作発表を行う「オープンカテゴリー」では、追手門学院大手前高等学校の「Otemon Challenger」が5位、追手門学院大手前中学校の「Otemon Quest」が同じく5位、世田谷区立中丸小学校と横浜国立大学教育学部附属横浜小学校、渋谷区立猿楽小学校で構成された「Candy Samurai」が8位に、それぞれ入賞している。

 自律型の高度なロボットの制御を競う17歳以上の学生部門である「アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ」では、神奈川工科大学の「KAIT Strangers」が5位入賞を果たした。

WRO2018日本代表選手団
WRO2018日本代表選手団
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/1594 2018/11/20 11:25

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング