Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

来場者の質問からScratchの設計思想が見えてきた――パネルディスカッションのレポートと開発者であるミッチェル・レズニック教授へのインタビュー【Scratch 2018 Tokyo】

「Scratch 2018 Tokyo」パネルディスカッション レポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/30 14:00

 子ども向けプログラミングツールとして有名な「Scratch(スクラッチ)」をテーマとした日本初のカンファレンス、「Scratch 2018 Tokyo」が10月20日に開催された。Scratchの開発者であるミッチェル・レズニック教授が講演し、会場の六本木アカデミーヒルズは多くの参加者でにぎわった。今回は、パネルディスカッションとメディアインタビューから見えてきたScratchの設計思想や、次期バージョンであるScratch 3.0の新機能についてレポートしたい。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 狩野 さやか(カノウ サヤカ)

     株式会社Studio947のデザイナー、ライター。ウェブサイトやアプリのデザイン・制作、技術書籍の執筆に携わる。自社で「知りたい!プログラミングツール図鑑」「ICT toolbox」を運営し、子ども向けプログラミングやICT教育について情報発信している。著書に『見た目にこだわる Jimdo入門』(...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0