Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

NexSeed、小中高生向けのプログラミング×英語スクール「ヴィムテックキャンパス by NexSeed」を9月3日に開校

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/20 15:00

 フィリピンのNexSeed(ネクシード)は、幸和企画と業務提携し、小中高生向けに英語とプログラミングを同時に学べるスクール「ヴィムテックキャンパス by NexSeed」を、9月3日に幸和企画が運営するスポーツクラブ「ヴィムスポーツアべニュウ」(東京都杉並区)で開校する。

 「ヴィムテックキャンパス by NexSeed」は、子どもたちをグローバル人材へと成長させることを目的としたスクールで、プログラミングと英語を同時に習得できる小中高生向けスクールとしては、国内初となる。

 小中高生向けのオリジナルカリキュラムを使用し、Webアプリ開発経験を通して子どもたちが楽しみながら自発的に論理的思考・問題解決力を育成する。また、企画・開発した成果物をプレゼンテーションすることで、企画力・コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力を伸ばせる。

授業スケジュール
「ヴィムテックキャンパス by NexSeed」の授業スケジュール

 ノンネイティブとしては世界一のビジネス英語スキルを持つ一方で、おおらかで明るいフィリピン人の中でも、複数回の面接を突破した英語教育のプロが講師を務めるため、最短で英語力を身につけられる。

 さらに、スポーツジム内にスクールを併設しているので、スイミングなどの運動教室とプログラミング×英語教室を同じ施設内で完結できる、というメリットもある。

 対象は小学3年生~高校生で、定員は各クラス15名。税込の月会費は2万5920円。なお8月20日~31日には、「ヴィムスポーツアべニュウ」の会員を対象にした体験授業を開催する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0