Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

ベネッセコーポレーション、ICTサポータによるプログラミング教育支援を1600の小学校で実施、2019年4月より

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/19 18:15

 ベネッセコーポレーションは、ベネッセのICTサポータを配置している小学校約1600校に、プログラミング教育のテキストなどを無償で提供し、支援することを発表した。

 今回の取り組みでは、ベネッセが独自開発したプログラミング教材、児童用テキスト、教師用指導書を授業支援ソフト「ミライシード」を通じ提供し、ICTサポータの授業支援と組み合わせる形でプログラミング教育を支援する。

 プログラミング教材には、ビジュアルプログラミング言語「Scratch」を活用。教師用指導書に収録されている指導案と連動しており、各単元の狙いに準じた内容になっている。

 対象となるのは、ベネッセからICTサポータの支援を受けている全国約1600校の小学校。開始は2019年度4月からで、2020年度末まで無償提供を予定している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0