Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

東京工科大学、オンラインプログラミング学習サービス「Paiza」を授業に導入

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/27 20:49

 ギノは6月27日、東京工科大学工学部と連携し、初中級者向けのオンラインプログラミング学習サービス「paiza(パイザ)」を、4月からプログラミング演習の授業で提供開始したことを発表した。

 東京工科大学の2年次前期の必修科目「プログラミング基礎」(履修者は約100名)において、今年度よりクラウド型プログラミング環境「paiza.IO」と、eラーニング教材「paizaラーニング」を用いている。

 オンラインベースのプログラミング環境を用いることで、学生個々の端末に開発環境を構築していた手間を省き、迅速にプログラミングを学び始められるほか、演習にオンライン教材を用いることで、自宅での予習や復習に取り組みやすくなる効果も見込める。

 東京工科大学によると、「6月時点において、従来の方式に比べて一定の学習効果の向上(到達度確認テストで1~2割程度の成績向上)があった」という。

 また、ギノは学修したプログラミングスキルを使って、同社の学生向け就職支援サービス「paiza新卒」で就職活動を行うことも可能なため、学生のモチベーション向上効果も期待できるとしている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0