Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

大学受験生とその保護者を対象にした「首都圏と地方の教育格差についての意識調査」、83.6%が「都会と地方で格差を感じる」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/23 18:00

 シンドバッド・インターナショナルが運営する「家庭教師メガスタディオンライン」は、全国の大学受験生(高校生)と、その保護者を中心に実施した「首都圏と地方の教育格差についての意識調査」の結果を、5月23日に発表した。

 「首都圏と地方の教育格差についての意識調査」は、3月1日~4月30日の期間に、大学受験生とその保護者を対象に実施されている。

 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)と、それ以外の地域で、教育環境(予備校・塾の充実度、講師のレベル、情報など)に差があると思うかを尋ねたところ、「かなり差がある(かなり不利)」(40.9%)、「多少差を感じる(多少不利)」(42.7%)と、8割以上が「差を感じる」と回答した。

首都圏とそれ以外の地域で教育環境に差があるか
首都圏とそれ以外の地域で教育環境に差があるか

 具体的に不利と思う点としては、「講師のレベル」「予備校や塾が少ない」「受験情報がない」といった回答が寄せられている。

 地元の予備校・塾に不安があるかを尋ねた質問では、約7割の高校生・保護者が「不安がある」と回答した。

地元の予備校・塾への不安
地元の予備校・塾への不安


【関連リンク】
シンドバッド・インターナショナル
「家庭教師メガスタディオンライン」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0