EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

Galaxy、早稲田大学基幹理工学部表現工学科のVR制作講座に、機器および技術サポートを提供

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/11 17:20

 サムスン電子のスマートフォンブランドGalaxyは、早稲田大学基幹理工学部表現工学科が4月10日に開始したVR制作講座において、「Galaxy Gear VR with Controller」をはじめとする同ブランド製品の機器および技術サポートを提供する。

 早稲田大学基幹理工学部表現工学科は、科学技術と芸術表現の融合・横断によるイノベーションを生み出す教育・研究を理念としており、設立当初より3DやVRコンテンツの制作手法を学ぶ専門科目として「立体映像表現」「バーチャルリアリティ制作」が開講されてきた。

 また、同学科の河合隆史研究室では、3DやVRをはじめとした先進映像を対象に人間工学の観点から研究を行うとともに、同分野における人材育成に注力している。

 今回の、早稲田大学へのGalaxy製品の機器および技術サポートの提供は、未知の部分が多いVRコンテンツ開発手法の発展、および今後のVR分野への貢献の一助となることが目的で、あわせてクロスデバイスが「Galaxy Gear VR」を複数台制御可能な教育向けVR一斉配信システムの技術サポートを担当する。

 Galaxyによる提供機器は、対応スマートフォンと接続するだけで、手軽にハイクオリティなVRコンテンツを体験できる「Galaxy Gear VR with Controller」、およびコンパクトながら4K録画が可能な360°全天球カメラ「Galaxy Gear 360」。

Galaxy Gear VR with Controller
Galaxy Gear VR with Controller
Galaxy Gear 360
Galaxy Gear 360


【関連リンク】
Galaxy
「Galaxy Gear VR」
「Galaxy Gear 360」
早稲田大学基幹理工学部表現工学科



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0