SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

小中学校の教職員、情報モラル教育の課題は「保護者への啓発が必要」が最多に【教育ネット調査】

 教育ネットは、教職員を対象に実施した情報モラル教育に関するアンケートの結果を、8月16日に発表した。同調査は、199名の教職員から回答を得ている。

 調査対象者に、情報モラル教育に対する課題を尋ねたところ、「児童生徒より保護者への啓発が必要だと思う」(40.2%)がもっとも多かった。さらに、「忙しくて情報モラル教育に手が回らない」「授業時間が確保できない」「授業を準備する時間が中々とれない」といった、業務が多忙なために情報モラル教育にじっくりと取り組むことができないという実状も明らかになった。

「情報モラル教育」における課題
「情報モラル教育」における課題

 小学校教員、中学校教員別でみると、小学校教員では「児童生徒より保護者への啓発が必要だと思う」という回答が46.2%で最多となり、「小学校低学年に対してどのように教えたらいいのかわからない」(18.2%)といった回答もみられる。一方、中学校教員では「トラブルが起きてからの事後指導がメインとなってしまっている」(34.0%)という回答が多く、トラブルに発展する前の事前指導が難しいと感じていることがわかった。

「情報モラル教育」における課題(小学校教員・中学校教員別)
「情報モラル教育」における課題(小学校教員・中学校教員別)
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7989 2022/08/18 12:25

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング