SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

中高生の4割超、通信教育受講の目的は「学校の成績向上」──受講の決め手は「カリキュラム」が最多【スタディプラス調査】

 スタディプラスは、同社が運営するStudyplusトレンド研究所が、学習管理アプリ「Studyplus」上で中学生・高校生のユーザーを対象に実施した、「通信教育に関するアンケート調査」の結果を8月8日に発表した。同調査は、7月7日~8日の期間に行われ、1060名から回答を得ている。

 調査対象者に、通信教育を受講し始めた目的を尋ねたところ(複数回答)、「学校の成績を上げたかったから」がもっとも多く、中学1年生から高校2年生に至るまで1位となった。なお、高校3年生になると「受験対策がしたかったから」が1位となっている。

 受講する通信教育を決めたのは誰かを尋ねた質問では、いずれの学年でも「本人」が最多となった。中学生では「保護者」が決定することも多く、全体の約4割を占めている。また、高校生は「学校」で利用することが決まるケースもあり、全体の約3割を占めた。

 通信教育を受講することにした「決め手」としては(複数回答)、「カリキュラムが自分向きだったから」という回答が多く、とりわけ中学生で多くを占めている。高校生では「受講料が安かったから」の割合が高く、高校3年生では「カリキュラムが自分向きだと思ったから」という理由も多かった。そのほか、高校生では「学校で推奨された・受講することになった」といった回答も一定数みられる。

 通信教育を知ったきっかけを尋ねたところ(複数回答)、中学生では「親が知っていた」が約4割でもっとも多く、「SNSの投稿」「インターネット広告」「テレビやラジオなどのCM」「新聞広告やチラシ」がそれに続いた。高校生では「SNSの投稿」が最多となり、「親が知っていた」という回答の割合は低下している。

 自身が通信教育をはじめたタイミングについて、どう思うかを尋ねた質問では、「ちょうどよかったと思う」が7割を占めた。一方で、中学3年生・高校3年生では、「ちょうどよかったと思う」の割合が低下し、「遅かったと思う(もっと早く始めておけばよかった)」が増える傾向がみられる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7972 2022/08/16 16:30

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング