SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

小学校の教員、約3割がプログラミング教育に「手ごたえを感じていない」と回答【リトルソフト調査】

 リトルソフトは、全国の小学校教員を対象に実施した、「プログラミング教育必修化」に関する調査の結果を5月10日に発表した。同調査は、2月14日~16日の期間に行われ、1024名から回答を得ている。

 調査対象者に、プログラミング教育が必修化となる前は、どのくらいプログラミングの知識を持っていたかを尋ねたところ、「専門的な知識を持っていた」が21.0%、「教育に必要な知識は持っていた」が45.0%、「あまり持っていなかった」が23.5%、「まったく持っていなかった」が10.5%だった。

 プログラミング教育の必修化によって、授業にかかる負担はどのくらい増えたかを尋ねた質問では、「大きく負担が増えた」が32.7%、「やや負担が増えた」が54.8%、「変わらない」が10.5%、「負担は減った」が2.0%となっている。また、「負担が増えた」と答えた人に、プログラミング教育の必修化によって、もっとも大きな負担を感じている点を尋ねたところ、「教科内容の理解や指導計画など準備が大変な点」(45.1%)がもっとも多く、「情報機器(端末)の操作を覚える必要がある点」(23.6%)、「教材やカリキュラムなど用意することが大変な点」(22.2%)がそれに続いた。

 現在行っているプログラミング教育に手ごたえを感じているかを尋ねた質問では、「大きな手ごたえを感じている」(14.7%)と「ある程度の手ごたえを感じている」(55.7%)を合わせた割合が7割に達している。

 現在行っているプログラミング教育に「手ごたえを感じている」と答えた人に、児童のどのような様子を見て手ごたえを感じたかを、上位5つまで挙げてもらったところ、「プログラミングを体験しながら学習活動ができている」(56.0%)が最多となり、「プログラミング的思考(論理的思考力)が身についてきている」(37.3%)、「文字入力などの基本的なパソコン操作が習得できている」(37.2%)がそれに続いた。一方、「手ごたえを感じない」と答えた人からは、その理由として(上位5つまで)「プログラミング教育を行う環境に不備があるから」(39.9%)、「自分が納得できるプログラミング教育ができていないと思うから」(35.0%)、「児童が成長している実感が湧かないから」(30.4%)といった回答が寄せられている。

 指導する教員についての課題は、どのくらいあると思うかを尋ねた質問では、「大きな課題があると思う」が40.8%、「やや課題があると思う」が55.1%、「課題はないと思う」が4.1%だった。「課題があると思う」と答えた人に、教員がプログラミング教育を行う際に、課題があると感じるのはどのような点かを、上位5つまで挙げてもらったところ、「具体的な授業の進め方や指導方法などが決まっていない点」(51.4%)がもっとも多く、以下「プログラミングを使った授業に不慣れな点」(42.2%)、「プログラミングを指導するための教員研修プログラムが稚拙な点」(42.2%)が続いている。

 小学校の教育環境の課題に対して、どのような対策が必要だと思うかを、上位5つまで挙げてもらった質問では、「インターネットや無線LANなどの通信環境の整備」(47.1%)が最多となり、「ICT環境(児童数と教育用コンピュータ台数の比率改善など)の整備」(38.8%)、「電子黒板、実物投影機などの補助機器の整備」(35.3%)がそれに続いた。今後、小学校のプログラミング教育を推進するためには、さらなるICT環境の整備が必要だと思うかを尋ねたところ、「必要だ」とする回答が89.6%を占めている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7491 2022/05/11 15:05

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング