SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

クリエイティブツール「Adobe Creative Cloud Express」、すべての東京都立学校に導入

 アドビは、東京都教育委員会が全都立学校(高校・中等教育学校・附属小学校・附属中学校・特別支援学校)を対象に、2022年4月より「Adobe Creative Cloud Express」を導入することを、3月24日に発表した。これにより、都立学校の生徒児童約16万人および教職員約2万人が、学校や自宅のデバイスで、デジタルクリエイティブツールを活用できるようになる。

 小中学校ではGIGAスクール構想によりデジタルを使った学習が進められる中、高校生の学びに適したデジタル環境の検討と準備が喫緊の課題となっている。

 東京都教育委員会では、より実社会につながる学び、つまりデジタルを活用して表現し、コミュニケーションする力を身につけられる学習環境充実策のひとつとして、アドビの最新のクリエイティブツールで、小中高校向けに全世界で無償提供されている「Adobe Creative Cloud Express」の採用を決定した。

 「Adobe Creative Cloud Express」は、直感的な操作で魅力的なビジュアルコンテンツが楽しく簡単に作れるクリエイティブツール。小中高校向けには無料で提供されており、小中学校のGIGAスクールデバイスでは、全国の4人に1人以上の児童生徒が「Adobe Creative Cloud Express」を利用できる環境で学んでいる。

 主にテンプレートを活用したグラフィック作成、コーディング不要のWebページ制作、簡単に音楽やナレーションがつけられる動画作成の3つの機能があり、学習のまとめやプレゼンテーションなど、児童生徒のアウトプットのある学びに活用できる。米国の児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)への準拠や、画像・動画のセーフサーチ機能など安全性にも配慮されている。

 採用にあたっては、都立学校全校が「Microsoft 365 for Education」を導入しており、アドビのCreative Cloud製品がシングルサインオンでスムーズに利用できることも評価されている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7284 2022/03/25 06:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング