SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

アドビとキッズドア、母親の復職や副業支援を目的とした共同プロジェクトを実施

 アドビは、キッズドアと連携して、女性の復職や副業支援を目的とした共同プロジェクト「ママさん応援企画~クリエイターへの道~ 2021」を、5月~10月末の期間に実施した。

 キッズドアは、2008年より子どもの貧困を解決すべく、学習支援、居場所づくりなどに取り組んでいるNPO法人。新型コロナ禍での困窮子育て世帯の食料や物質の支援、就労支援などの一環であるファミリーサポート事業では、全国約3200世帯に向けて、LINEを使ったコミュニケーションを中心に、助成金や奨学金の情報提供、就労支援、物資支援を行っている。

同プロジェクト参加者による成果物の一例
同プロジェクト参加者による成果物の一例

 キッズドアのコロナ災害支援室に所属する上野美南海氏は、次のように述べた。

「キッズドアのファミリーサポートに登録している87%が母子世帯で、母親1人で家族を支えなければならず、毎日の生活に余裕がない状態です。非正規雇用の方が54%、貯蓄も少なく収入向上のためのスキルアップに踏み出す余裕もありません。親の貧困は子の貧困に直結しており、現状の支援と同時に自立して稼げるようにする両軸の支援が必要です」

 また、キッズドアのコロナ災害支援室にて室長を務める町田裕輔氏は、次のように語っている。

「今回のアドビとのプロジェクトで支援をさせていただいた方たちは、クリエイティブの経験は、『1年未満』の方から『20年以上』のキャリアがある方まで、さまざまな方たちです。しかし皆さんが、離婚やコロナ禍での収入減や失業、お子さんの問題など、さまざまなご事情を抱えています。

 また同時にクリエイティブをやってみたい気持ちがあるが、そのような状態の中で前向きになれず、一歩踏み出すことができずにいる方たちです。そんな彼女たちのクリエイティブへの一歩を後押ししてあげたいと、アドビと思いを一つにして当プロジェクトを開始しました」

 同プログラムでは、多い時には1週間に1回~2週間に1回程度、両社で打ち合わせをしながら決めていった。適宜参加者へのアンケートを行い、受講の感想やこれから身につけたいスキルを調査するほか、グラフィックデザイン、動画・写真編集、ポートフォリオの作成など、各テーマにあわせて講師となるクリエイターをアドビが選び、オンライン講義を依頼している。

 プログラム参加者はファミリーサポートの登録者から募り、90名の応募者の中からスキル、アドビ製品の利用経験、パソコンへのアクセス環境などを考慮して、17名を選抜した。参加者の94%が母子世帯、世帯年収200万未満が約50%、新型コロナ禍で雇用などに影響を受けた人が90%と、苦しい環境にありながらも、クリエイティブなスキルを身につけたいという向上心のある人たちが選ばれている。

 同プロジェクトを通じて、すでに3名が実際に案件を獲得しており、1人はコロナ失業者限定雇用のアルバイトで働いている。「Premiere Pro」を活用して市長の動画制作を行ったことが評価され、パラリンピックの採火式の記録動画の作成も担当したという。

関連リンク

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6690 2021/11/26 16:24

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング