EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ICT CONNECT 21、「学習eポータルとMEXCBTの活用に関する説明会」を11月1日に配信

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/25 06:00

 ICT CONNECT 21は、自治体・学校関係者を対象とした「学習eポータルとMEXCBTの活用に関する説明会」を、11月1日にオンラインで開催する。参加費、参加申し込み共に不要。

 「学習eポータル」は、GIGAスクール構想で配備された1人1台環境と高速ネットワークアクセスから成る、デジタル学習環境をより良く活用するために構想された、日本の初等中等教育向けの学習マネージメントシステム。文部科学省が運営するCBTであるMEXCBT(メクビット)、デジタル教科書・教材やさまざまな学習用ツールを利用するときのハブとして、またスタディ・ログの集約のハブとしての役割を持つ。

 ICT CONNECT 21では、初等中等教育においてデジタル学習環境のハブの役割を果たす、学習eポータルの仕様を検討するサブワーキンググループ活動を進めている。2021年4月には「学習eポータル 標準モデル」を発表し、現在version1.02が公開されている。本説明会は、11月より学習eポータルが本格的に稼働することを受けて開催される。

 開催日時は11月1日の14時~16時で、YouTubeで配信される。なお本説明会の前に、13時から同じ視聴URLで文部科学省主催「CBTシステム(MEXCBT:メクビット)の活用に関する説明会」も開催される。

内容

  • 特別対談「MEXCBTと学習eポータルの可能性について」
  • MEXCBTと学習eポータルの位置づけ
  • 参加企業ピッチ(1社20分×4社)

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0