EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

中央大学がデジタル証明書「オープンバッジ」の実証実験を実施、カリキュラム修了証として発行

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/11 17:45

 中央大学とオープンバッジ・ネットワークは、スキルのデジタル証明書「オープンバッジ」の共同実証実験を行うことを、8月4日に発表した。

 オープンバッジは、IMS Global Learning Consortium(IMS Global)が設定した国際技術標準規格。海外の大学では普及が進んでおり、今後、日本への浸透も見込まれている。国際標準規格のため、さまざまな機関からのバッジを統一して管理することにより生涯学習履歴を構築することが可能で、また、就職活動においてもデジタル履歴書に客観的に認定された付加価値を付与することができるなど、学生の利便性も向上すると考えられる。

 今回の実証実験は、1年間(2021年6月~2022年5月)を活動期間とする。同大学がオープンバッジを発行し、その実施状況や受領者の意見、活用状況等を両者で調査し、今後の活動に資する実験や調査を進め、全学での展開を見据えた今後の活用を検討していく。

オープンバッジ デザイン案
オープンバッジ デザイン案

 具体的には、全学部生参加可能な学部間共通科目「AI・データサイエンス全学プログラム」や「ファカルティリンケージ・プログラム(FLP)」において、カリキュラムを修了した学生を対象に、修了証としてオープンバッジを発行する。そして、従来の紙媒体に代わる修了証として、受領者の意見やその利用状況など、デジタル修了証として効果を検証していく。このほか、学内での利用希望などを調べ、その活用範囲についても調査を進めていく。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0