EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

2021年の大学入試、9割超の受験生が外部検定に英検を利用したことが明らかに【旺文社調べ】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/12 13:35

 旺文社は、同社の教育情報センターが2021年一般選抜(共通テスト利用入試含む)で外部検定を利用した国公私立大学を対象に実施した、「実際に受験生が使った外検は何か」に関するアンケート調査の結果を、7月12日に発表した。同調査は、3~5月の期間に行われ、131大学から回答を得ている。

 調査結果によれば、受験生の92.2%が外部検定として英検を利用していることがわかった。

 受験生が外検を選ぶポイントとしては、

  • 国産の外検
  • 検定料が安い
  • 試験会場が近い
  • 多くの大学で利用可能

の4点が考えられ、英検は他の外部検定と比較して、この4点で優位となっている。

 とりわけ、英検はほとんどの大学で利用できることから、2025年の新課程入試では外部検定全般を対象としているものの、実際には多くの受験生が英検に集中すると考えられる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0