EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

デジタルハリウッド、「学修成果の可視化」の実践報告セミナーを7月21日にオンラインで開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/07 08:00

 デジタルハリウッドが展開する、オンライン授業の導入・活用支援サービス「デジタルハリウッドアカデミー」は、「学修成果の可視化」をテーマにした、デジタルハリウッド大学大学院の2021年度第1Q授業実績を解説するセミナーを、7月21日に開催する。参加費は無料。

 本セミナーでは、「“学修者本位の教育”の仕組み作り」「ルーブリック評価」「学修成果の可視化」といったテーマの理論と実践の橋渡し事例が紹介される。具体的には、デジタルハリウッド大学大学院の2021年度第1Q授業実績(一科目)の報告が行われる。講師は、デジタルハリウッド大学大学院 専任助教/デジタルハリウッド株式会社 まなびメディア事業部 まなびメディアグループチーフ 教材開発責任者 インストラクショナルデザイナーの石川大樹氏。

 開催日時は7月21日の14時~16時で、オンライン(Zoom)で行われる。対象は「学修者本位の教育」「ルーブリック評価」「学修成果の可視化」「オンライン授業」といったテーマを持ち、全学的に教学マネジメントを担当する高等教育機関の教職員。定員は300名(先着順)で、事前申し込みが必要。

プログラム

  1. オンライン授業の基礎的な知識と活用の考え方
  2. 先生の新たな役割
  3. マイクロラーニングコンテンツ~オンデマンド型動画教材~
  4. テクノロジーとコンテンツの授業活用&運用のノウハウ~“学修者本位の教育”の仕組み作り~
  5. 学修成果の可視化~ルーブリック評価と能動的な継続学習~
  6. 第2Qへの課題~今取り組んでいること、今後取り組みたいこと~

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0