EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

AtCoder、高校eスポーツの祭典「STAGE:0」で競技プログラミング大会を開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/17 08:00

 AtCoderは、テレビ東京と電通が開催する高校eスポーツの祭典「STAGE:0(ステージゼロ)」において、「STAGE:0 競技プログラミング 高校生大会 powered by AtCoder」を、8月7日に開催する。6月9日よりエントリーを開始した。

「STAGE:0 競技プログラミング 高校生大会 powered by AtCoder」
「STAGE:0 競技プログラミング 高校生大会 powered by AtCoder」

 AtCoderは、プログラミング言語に関する「知識」ではなく、問題を解決するためのアルゴリズムを考え、早く正確にコーディングする「プログラミングによる課題解決力」を競い合う、競技プログラミングコンテストを運営。競技プログラミングコンテストの高校生向け大会の実施は今回が初めてとなる。

 本大会では、正解(最適解)を効率的に求めるのが困難とされる問題に対して「できるだけ良い解」を出すことを競うヒューリスティックコンテスト形式を採用。競技プログラミングやアルゴリズムの楽しさを知ってもらうだけでなく、実社会にも応用・実用化できる問題解決力を鍛え、先端IT人材として活躍が期待される競技プログラマーの育成・輩出を目指す。

ヒューリスティックコンテスト形式の問題例
ヒューリスティックコンテスト形式の問題例

 開催日時は8月7日の16時~20時で、「AtCoder」のコンテストページ内(オンライン)にて開催される。参加人数は1~3名。参加資格は「日本国内に在住する高校生・定時制高校生・高等専門学校生・通信高校生であること」「生年月日が2003年4月2日~2006年4月1日であること」「チームを組む場合(2名もしくは3名で参加する場合)はメンバー全員が同一高校であること」の3点。エントリーは大会終了時まで、公式Webサイトにて受け付けている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0