EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

2022年卒学生の地元就職希望率が増加、約6割が地元での就職を希望

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/14 11:35

 マイナビは、2022年3月卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象に実施した、「2022年卒 大学生Uターン・地元就職に関する調査」の結果を5月11日に発表した。同調査は、3月18日~4月6日の期間に行われ、5910名(文系男子:1096名、文系女子:2629名、理系男子:1038名、理系女子:1147名)から有効回答を得ている。

 調査結果によれば、地元就職(Uターンを含む)を希望している学生は、前年比で2.9ポイント増の57.8%だった。

地元(Uターン含む)就職の希望意向
地元(Uターン含む)就職の希望意向

 テレワークやリモートワークの推進で働く場所が自由になった際に、勤務先・居住地域の理想として当てはまるものを選んでもらったところ、勤務先の理想としては「地方の企業に勤めたい」(48.2%)がもっとも多く、居住地域の理想としては「地方に住みたい」(57.0%)が最多となっている。一方で、「東京の企業に勤めたい」が前年比0.5ポイント減の19.7%、「東京に住みたい」が前年比2.4ポイント減の12.7%と、東京の勤務・居住を希望する割合は減少した。

働く場所が自由になった際に、勤務先・居住地域の理想
働く場所が自由になった際に、勤務先・居住地域の理想
働く場所が自由になった際に、勤務先・居住地域の理想

 地元企業への就職活動で障害だと感じていることとしては、「交通費」が13.3%で前年よりも12.7ポイント減少し、新型コロナ禍での県をまたぐ移動の縮小や、就職活動のオンライン化によって、地元との往復にかかる交通費が大幅に減っていることがうかがえる。一方で「距離・時間」は19.1%に達し、前年よりも微増した。

地元企業への就職活動で障害に感じていること
地元企業への就職活動で障害に感じていること

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0