SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

関西学院大と日本IBM、共同開発した「AI活用人材育成プログラム バーチャルラーニング版」を企業や自治体へ提供開始

 関西学院は、日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)と共同で開発した「AI活用人材育成プログラム バーチャルラーニング版(以下、VL版)」について、企業や自治体などに有償で提供すること4月27日に発表した。

 VL版は、初学者でもAI活用の実践的な知識・スキルを体系的に修得できるように設計された「AI活用入門」「AI活用アプリケーションデザイン入門」「AI活用データサイエンス入門」の3科目で構成され、すべてオンライン(オンデマンド)で開講されるほか、IBM Watson Assistantを搭載したチャットボットで、学習者の質問に回答する仕組みを構築している。そのため、提携する企業や自治体に所属する社会人は、時間や場所の制限なく、いつでもどこでも何度でも受講することができる。

 世界的にAI人材不足が叫ばれている中、関西学院大学は「AI・データサイエンス関連の知識を持ち、さらにそれを活用して、現実の諸問題を解決できる能力を有する人材」の育成を目的に、2017年より日本IBMと共同プロジェクトを立ち上げ、「AI活用人材育成プログラム」を開発した。

 同プログラムは10科目で構成されており、2019年4月より文系理系問わず、同大学の全学部生を対象に開講されている。2021年度には「AI活用入門」「AI活用アプリケーションデザイン入門」「AI活用データサイエンス入門」の基礎3科目をeラーニング化し、VL版として開講。AIリテラシーの修得を目的とする「AI活用入門」のVL版初年度春学期の履修者は2071人に上った。

 今回発表したVL版は、「AI活用入門」「AI活用アプリケーションデザイン入門」「AI活用データサイエンス入門」の3科目で構成され、学内開講プログラムと同じ内容。音声や字幕によるガイダンスや、講師の解説、デモ動画、オンラインでの演習、時間制限付きの課題研究、ランダムテストといった機能を有している。

 受講時間は、1科目あたり20時間程度で構成され、単元ごとに設定されているオンラインテスト(ランダム出題)すべてを一定の正解率でクリアすれば合格し、修了証とオープンバッジが発行される。価格は1科目につき2万2000円/年で、同じ科目を2年目以降に再受講する場合は6600円/年で履修可能(いずれも税込)。2021年度は年間5000人の社会人の受講利用を見込んでおり、7月より大同生命保険株式会社の本社職員1500人の受講が予定されている。

 2022年度以降は「AI活用実践演習A(JavaによるWebアプリケーションデザイン)」「AI活用実践演習B(Pythonによる機械学習・深層学習)」「AI活用実践演習C(Webデザイン)」の3科目を提供科目として順次追加し、2024年度には合計6科目を提供する。今後は企業や自治体をはじめ他大学にも提案し、2022年度からは社会人、高校生等へも展開していく。2024年度には受講者が年間5万人へと拡大することを見込んでいる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/5655 2021/06/02 21:28

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング