SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

国公立大学への進学者のうち、高校入学前から受験勉強をスタートした人が半数超に【東進調査】

 ナガセは、同社が運営する「東進ハイスクール」「東進衛星予備校」に在籍していた生徒の、2021年大学入試における進学先調査の結果を、4月28日に発表した。

 調査結果によれば、大学受験の勉強を高校入学前にスタートした人のうち、国公立大に進学した生徒は50.2%に達する一方、高校3年からスタートした人のうち、国公立大に進学した生徒は33.8%に留まった。

 受験勉強を高校入学前にスタートした人のうち、国公立理系に進学した生徒は35.1%で、受験勉強のスタート時期が遅くなるほどその割合は減少する。しかし、私立文系はスタート時期が遅くなるにつれて割合が増加し、高校3年スタートでは43.9%に達している。

受験勉強スタート時期別 東進生の進学先大学区分
受験勉強スタート時期別 東進生の進学先大学区分

 東進生全体の進学先大学区分をみると、国公立理系が25.2%、国公立文系が13.2%、国公立全体では38.4%であり、国公立大学への進学は全国平均の約1.8倍だった。また、東進生の進路は私立が多数派ながら、全国平均と比較すると国公立大学進学の割合が高い傾向がみられる。

東進生の進学先大学区分の全国平均との比較
東進生の進学先大学区分の全国平均との比較
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/5605 2021/04/29 08:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング