EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

情報処理学会、大学レベルを対象としたデータサイエンス教育のカリキュラム標準を公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/16 15:18

 情報処理学会は4月15日、「データサイエンス・カリキュラム標準(専門教育レベル)」を公開した。

 データサイエンス分野における大学レベルの専門教育を対象としたもので、2021年2月から3月にかけて事前公開と意見募集が行われ、そのフィードバックを踏まえ最終版としてこの度リリースされた。

 データサイエンス教育やデータサイエンティスト育成の様々な取り組みを参照して策定されており、次のような特徴を備えている。

  • ACM Data Scienceカリキュラムおよび欧州EDISON Data Science Frameworkの参照を通じて、国際的通用性を確保する。
  • データサイエンティスト協会・DSスキルチェックリスト(スキルレベル ★レベル)の参照を通じて、情報処理学会で策定中のデータサイエンティスト資格との連携を図る。
  • データサイエンスを専門とする学生に求められる知識・スキルの具体化を図る。
  • 60単位程度(標準的な授業時間:約675時間)の規模とする。
  • 数理・データサイエンス・AIモデルカリキュラム(リテラシーレベル)の学修を前提とする。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0