EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

オンライン学習サービス「スタディサプリ」に、WEB上で配信・回答ができる「単元テスト」が新登場

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/31 18:30

 リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン学習サービス「スタディサプリ」は、学校向けに2021年4月よりWEBの「単元テスト」の提供を開始することを発表した。

 これまでの学校向け「スタディサプリ」では、絶対評価型アセスメント「到達度テスト」を提供しており、導入校は年に2回任意の時期に紙ベースでの「到達度テスト」を実施。先生は、生徒のつまずき箇所の特定、連動した個別最適な課題の配信を「スタディサプリfor TEACHERS」から行っていた。また、日々の授業ごとの理解度測定・演習用ツールとしては、講義ごとに用意された「確認テスト」を提供してきた。

 今回、この学期ごと・授業ごとの中間となる、「単元ごと」のWEBテストである「単元テスト」を新たに提供開始し、先生がより適切なシーンや頻度で学習理解度を測り、つまずき克服につなげることを可能にするという。

 「単元テスト」は、各単元に関連する各講義から重要な内容を選んで問題を作成しており、各単元の内容の理解度を網羅的に測ることができる。先生の管理画面である「スタディサプリfor TEACHERS」からのみ配信できる仕様となっている。対象科目は、中学講座・高校講座の英語・数学。

 また、2021年夏頃には、この「単元テスト」に「フォローアップ配信機能」が付加され、「単元テスト」の小問単位で、生徒一人ひとりのつまずきに連動した個別最適な課題を手間なく配信することが可能になる予定。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0