EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

22年卒学生、約7割が「先輩と比較して就職活動が厳しくなる」と回答【マイナビ調査】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/26 16:10

 マイナビは、2022年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象に実施した「マイナビ 2022年卒 学生就職モニター調査 2月の活動状況」の結果を、3月25日に発表した。同調査は、2月24日~28日の期間に行われ、2727名(文系男子:508名、文系女子:753名、理系男子:695名、理系女子:771名)から有効回答を得ている。

 調査対象者に、先輩と比較して今年の就職活動はどうかを尋ねたところ、「厳しくなる」(「かなり厳しくなる」+「多少厳しくなる」の合計)という回答が、前年同時期と比較して10.2ポイント増加の73.4%となった。

先輩の就職活動と比較した際の、今年の就職活動の感触
先輩の就職活動と比較した際の、今年の就職活動の感触

 厳しくなる理由としては、「新型コロナウイルスの影響があると思うから」(79.2%)、「企業の採用人数が減ると思うから」(68.4%)、「景気が悪い(悪くなる)と思うから」(56.9%)が上位を占めている。

就職活動が厳しくなると思う理由
就職活動が厳しくなると思う理由

 就職活動に対する現時点での不安があるかを尋ねた質問では、89.7%が不安が「ある」と答えており、前年同月比より0.5ポイント減少した。

就職活動に対する現時点での不安
就職活動に対する現時点での不安

 就職活動で不安に思う要因としては、「志望企業から内々定をもらえるかどうか」(76.3%)、「面接でうまく話せるかどうか」(76.0%)が上位となった。一方でオンラインの活用が進んだ結果、「交通費など金銭的負担が大きい」という回答は、前年よりも41.8ポイント減少している。

就職活動で不安に思う要因
就職活動で不安に思う要因

 企業を選ぶときに特に注目するポイントを20の選択肢から上位3つ選んでもらったところ、「在宅勤務など新型コロナウイルス感染症から社員を守る施策を行っている」(51.4%)、「社員の人間関係がよい」(36.8%)、「自分が成長できる環境がある」(34.0%)が上位を占めた。

企業を選ぶときに特に注目するポイント
企業を選ぶときに特に注目するポイント

 理系学生に、2月の活動状況を尋ねたところ、「企業の研究所・工場などを見学した」という回答は学部生で15.9%、院生では23.6%と、どちらも前年より大きく減少している。

企業の研究所・工場などを見学した理系学部生・院生の割合
企業の研究所・工場などを見学した理系学部生・院生の割合

 インターンシップに参加したことで志望度が上がった理由を尋ねた質問では、「社員や人事の印象」(47.0%)がもっとも多く、「職場の環境や雰囲気」(41.7%)がそれに続いた。一方、志望度が下がった理由としては、「自分に合ってないと感じた」(24.3%)が最多となっている。

インターンシップに参加したことでその企業の志望度が上がった/下がった理由
インターンシップに参加したことでその企業の志望度が上がった/下がった理由

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0