EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

アーテックが日本版「Microsoft Hacking STEM」の教材を開発、4月に「風力発電測定キット」を発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/15 06:00

 アーテックは日本マイクロソフトと連携し、「Microsoft Hacking STEM(以下、Hacking STEM)」のカリキュラムに対応したプログラミング教育キットの開発をすることを決定した。その第1弾として「風力発電測定キット」の販売を2021年4月より開始する。

「風力発電測定キット」
「風力発電測定キット」

 「Hacking STEM」は、宇宙飛行士の衛星写真をもとに地球の環境変動を予測したり、振動のリアルタイムデータを分析して地震のメカニズムを学んだり、地球や自然科学をテーマにデータを活用した探究的な学びを実践したりできる、マイクロソフトが世界中で展開しているSTEM教育のカリキュラム。この度、日本マイクロソフトより「Hacking STEM」の日本語版が公開されることになり、アーテックが対応キットを開発することになった。

 「風力発電測定キット」では、実験データをパソコン上に表示することで現象を科学的に分析し、考察を深める手作りの風車の形や材料を工夫して、発電できるエネルギーを比べたり、場所による風の強さを比べたりする授業が実施できる。

 風車に取り付けた発電機のデータを、アーテックのプログラミング教材「Studuino(スタディーノ)」で電気信号に変換し、マイクロソフトが提供する「Hacking STEM」専用のExcelワークシートを使用することで実験中のデータをパソコン上に可視化し、風車の動きと発電量の関係をリアルタイムで測定することができる。

 実験に必要な部材はすべてセットになっている。使用するのは縦・横・斜めのすべての方向に接続することができるアーテックオリジナルのブロックで、簡単に組み立てられ、何度も繰り返し使用できる。

 開発にあたっては、宮城教育大学 安藤明伸氏の指導のもと、宮城教育大学附属中学校で実践授業を行っている。この実践授業の成果として、西川洋平氏(宮城教育大学附属中学校教諭)が作成した学習指導案を、日本国内における「風力発電測定キット」の指導案として公開する予定。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0