EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

立教大とNEC、オンライン教育・環境の質向上に向けて共同研究を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/04 16:30

 立教大学経営学部とNECネッツエスアイは、「With & Afterコロナ時代の学習/キャンパス環境を新たに探究する」をテーマとした共同研究を、2021年4月~2024年3月の期間に行う。

 同研究は、新型コロナウイルス感染症による授業のオンライン化にともなう対面授業や学生同士の交流機会の減少に起因する、学習や課外活動に対する意欲の低下という課題が背景の1つとなっている。これまで以上に1人ひとりに寄り添うサポートが求められる中で、多様なオンラインツールやノウハウを用いて教育・環境の質を保持、強化しつつ、これからの「新しい大学像」をつくることを目的とする。

 研究にあたっては、立教大学の持つ教育への知見を、NECネッツエスアイが持つ自社実践や顧客との共創で得たデジタルクラウドサービスのノウハウと組み合わせることによって、オンラインでの教育や環境に「リアルの代替手段」以上の付加価値を創造する。

共同研究のイメージ

 NECネッツエスアイが提供するデジタルクラウドサービスを、経営学部の授業や課外活動に取り入れてデータを収集・解析することで、ツールの最適な活用方法を検討していくとともに、「デジタルネイティブ」世代の学生も参画して、活用方法について検討していく。

 具体的には、「Zoom」をはじめとするデジタルクラウドサービスを組み合わせることで、オンラインでのディスカッションやグループワークなどを円滑にし、授業の質の向上を図る。そのほか、オンデマンド授業に「検索」や「インデックス」といった機能を付与し、予習・復習時の利便性を向上させるなど、さまざまな改良を検討する。

 また、オンラインであっても学内外でさまざまな活動が実現できるよう、バーチャル空間に交流の場を用意し、学生のネットワークづくりの支援を行う。まずは「高大連携学生プロジェクト」や、「BISLIN」(企業人との交流団体)、「COBBY」(留学生支援団体)の3つの学生団体による活動に導入し、試行活用しながらさらなる可能性を探っていく。

 さらに、教職員が学生と対面する機会が減少し、学生の様子を把握しづらい状況の中で、「エンゲージメント測定ツール」を活用し、学習意欲やメンタル不調の有無などについてモニタリングを行う。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0