EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ハイフレックス型授業の課題「板書」と「ディスカッション」の対応策を考える

実践してわかった! オンライン授業のポイント【九州大学ビジネス・スクールでの事例】第5回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 気づけば「激動と変革」の1年間だった2020年度も終わりに近づき、あっという間に新年度が目の前に迫ってきました。この1年で教育のIT化、オンライン化が一気に進み、選択肢が増えたぶんだけ2021年度における授業のあり方をどうデザインしたらいいのか、模索している教育関係者も多いのではないでしょうか。そうした方々のご参考となるよう、今回の記事では筆者が九州大学ビジネス・スクール(以下、QBS)で行った「ハイフレックス型」(対面と遠隔オンラインを同時進行させる形式)授業で直面した2つの課題と、今後の対応策を紹介します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:実践してわかった! オンライン授業のポイント【九州大学ビジネス・スクールでの事例】

著者プロフィール

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0