EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

地域と連携したオンライン社会科見学「シゴトのトビラ」が3月18日にスタート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/13 07:00

 ワン・パブリッシングが運営する、小中学生のためのコンテンツポータルサイト「学研キッズネット」と、仁泉指導会とスカラパートナーズが共同で運営する、教育×産業で地域活性化を目指す「キッズチャレンジエキスポ」は、企業のオンライン社会科見学ができる「シゴトのトビラ」を3月18日より公開する。初の協力地域は、「横浜市」「ヨコハマSDGsデザインセンター」に決定した。

 「シゴトのトビラ」は、全国の企業の工場・職場の様子や、働く人たちのインタビュー紹介を通じて、小中学生が「仕事」や「社会」を肌で感じ、仕組みについて学び、未来について自発的に考えることを目的としたプロジェクト。コロナ禍により働き方改革が進み、多拠点居住などが増える中、各地域の企業活動に加え、文化・芸能の仕事も伝えることで、教育の観点から地域産業を活性化する役割も担う。

 「学研キッズネット」内に開設され、各地域の企業・団体をマッピングし、動画および記事コンテンツでその仕事内容を紹介する。動画は子どもたちが将来の仕事について具体的にイメージできるように、「キッズチャレンジエキスポ」のノウハウを活用し、現場体験型の切り口で紹介される。記事内では、その職業に就くための「なるためチャート」の活用、企業の商品・サービスを紹介するだけでなく、「経済活動」と「持続可能な社会づくり」の2つの意識付けを促すために、SDGsへの取り組みなどについても紹介していく。

動画イメージ(協力:横浜市金沢消防署)
動画イメージ(協力:横浜市金沢消防署)

 今後は、地域の企業における職業体験イベントや、「学研キッズネット」の人気プロジェクト「自由研究」とコラボレーションしたイベント等の実施を予定している。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0