EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

N高・S高、梅田キャンパスを2021年4月から新規開校、Web出願の受付も開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/22 12:12

 角川ドワンゴ学園 N高等学校(N高)と、設置認可申請中のS高等学校(S高)は12月21日、新たに梅田キャンパス(大阪)を2021年4月に開校することを発表した。

 N高・S高では、高校卒業資格の取得をネットで完結できる「ネットコース」と、アクティブラーニングやプロジェクト学習を特徴とした「通学コース」を開設しており、通学コースは現在19のキャンパスが全国に設置されている。

 近畿エリアには、心斎橋・江坂・京都・神戸の4キャンパスがあり、現在の江坂キャンパスは梅田キャンパスに移転・増床し、面接指導会場とN中等部の江坂キャンパスが現在の江坂キャンパスに残り、増床される予定となっている。

 梅田キャンパスの開校に伴い、オープンキャンパスと説明会が2021年1月に開催される。詳細と参加申し込みについては、各イベント詳細ページを参照のこと。

 梅田キャンパスの定員は、通学コースが260名、通学プログラミングコースが36名で、入学資格は、中学卒業(見込)の学生、高校在籍経験者、高校転学希望者のいずれか。

 また、2021年4月新入学生を対象としたWeb出願の受付も開始した。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0