Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

中央出版、青少年向けロボット競技会「FIRST LEGO LEAGUE Jr. 2017-2018」の地方大会を名古屋・福岡で開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/24 14:20

 中央出版は、「FIRST LEGO LEAGUE Jr.」の2017-2018地方大会として、12月10日に西日本大会(愛知県名古屋市)を青少年科学技術振興会(FIRST Japan)と共同で、12月7日に九州大会(福岡県福岡市)を青少年科学技術振興会(FIRST Japan)およびディック学園と共同で、それぞれ開催する。

 「FIRST LEGO LEAGUE Jr.」は、6~10歳を対象にしたLEGOの競技会で、STEM教育を子どもたちに紹介し、子どもたちを取り巻く世界とのつながりや影響に気づかせることを目的に行われているハンズオンプログラム。

FIRST LEGO LEAGUE Jr.
「FIRST LEGO LEAGUE Jr.」のロゴ

 メンター(指導員)のもと、2~6名のチームで子どもたち自身がトピックについての発見をともに作業し、話し合い、知識を共有する活動を行う。さらに、学んだ内容を元にモーターやさまざまなブロックを使って、動くモデルやポスターを製作し、展示・発表する。

 2017-2018大会のテーマは「水」で、「AQUA ADVENTURE」というタイトルのもと、出場チームは水源から水処理までの「水の循環」にまつわるモデルの製作、プロジェクト研究に取り組む。

AQUA ADVENTURE
AQUA ADVENTURE

 地方大会は、東京(12月17日)でも開催され、地方大会を勝ち抜いたチームは、平成30年2月に開催される日本大会に進出する。さらに、日本大会上位チームは、4月の世界大会への出場権を獲得できる。


【関連リンク】
中央出版
FIRST Japan
ディック学園

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0