EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

2022卒学生、対面のインターンシップを望む声が多いものの「オンラインで十分まかなえる内容」との声も

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/17 11:30

 マイナビは、2022年3月卒業予定の大学3年生、大学院1年生を対象に実施した、「マイナビ 2022年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(11月)」の結果を、12月16日に発表した。

 同調査は、11月20日~30日の期間に行われ、3912名(文系男子:676名、文系女子:637名、理系男子:1768名、理系女子:831名)から有効回答を得ている。

 調査対象者に、11月に参加したインターンシップの開催形式を尋ねたところ、「Webのみ(対面なし)」は69.9%、「対面のみ(Webなし)」は21.9%、同じプログラム内で「対面とWeb」の両方があったのは20.9%だった。

今月インターンシップに参加した学生が参加した開催形式
今月インターンシップに参加した学生が参加した開催形式

 インターンシップの形式について、Webと対面のどちらがよいかを尋ねた質問では、「Webがいい」「どちらかといえばWebがいい」と答えた学生の合計は29.9%、「対面がいい」「どちらかというと対面がいい」と回答した学生の合計は46.6%と、対面形式でのインターンシップを望む学生の方が多い。

希望するインターンシップの開催形式
希望するインターンシップの開催形式

 地域別でも、対面形式でのインターンシップを望む学生が多数派であった。

希望するインターンシップの開催形式(地域別)
希望するインターンシップの開催形式(地域別)

 Web形式でのインターンシップの満足度が高かった学生からは、「学生側から質問できる環境があった」「企業の雰囲気がわかる工夫があった」といった意見が多くみられる。

 一方、対面形式のインターンシップに対しては、「人事以外の社員や会社の雰囲気がわかった」という意見もあったが、「オンラインでも十分まかなえる内容だった」など、内容がともなっていなかったという意見もみられた。

インターンシップの満足度の理由
インターンシップの満足度の理由

 現在の就職活動の状況としては、38.5%の学生が「就職活動の方向性(志望業種や企業、職種、大事にしたい価値観など)が固まった」と答えており、6月調査と比較して約2倍となっている。

現在の状況として当てはまるもの
現在の状況として当てはまるもの

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0