EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

和歌山県のすべての全日制・定時制の県立高校で、生徒と教員用のPCにSurfaceを採用

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/30 12:43

 日本マイクロソフトは11月30日、和歌山県教育委員会が1万9239台のSurface Go 2とMicrosoft 365ライセンスを、和歌山県の全日制・定時制県立高校のすべての生徒向けに展開することを発表した。

 2017年から教員の校務用PCとしてSurfaceが導入されており、県立高校(全日制および定時制)のすべての教員と生徒がSurfaceを活用する事例としては国内初と説明している。また、通信制課程高校についても、Windows端末が同時に導入された。

 和歌山県教育委員会では、小学校から高校にかけて発達段階に応じて情報活用能力を育む「きのくにICT教育」という独自の取り組みを行っている。その推進に最適なデバイスとしてSurface Go 2が選定されたという。生徒がより自由で直感的な表現が行えるように、Microsoftクラスルームペンも全生徒に配布される。

 Surface Go 2とMicrosoft 365の配備は11月中旬から行われ、端末の設定や一斉更新、アカウント管理などが行えるデバイス管理ソリューションの「Microsoft Intune」が活用されたことで、展開作業の省力化や短期間化を実現した。このMicrosoft Intuneによる展開でも現時点で国内最大規模の事例だとしている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0