EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

レノボ、現役高校生とSTEAM教育のこれからを考えるオンラインイベントを12月5日に開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/26 06:00

 レノボは「レノボが現役高校生と考えるSTEAM教育のこれから -校内・校外学習の融合を目指して-」と題したオンラインシンポジウムを、12月5日に開催する。

 本シンポジウムでは、中高生からなる国際ロボコンチーム「SAKURA Tempesta」のメンバーであり、緊急事態宣言下に独力で800個のフェイスシールドを製作し医療現場を支援した、渋谷教育学園幕張高等学校1年生の立崎乃衣さんを迎える。立崎さんが感じる問題意識と体験、育った環境を題材に、STEAM教育推進に向けた校内・校外学習融合について、パネルディスカッション形式で提言していく。

 当日登壇するパネリストは以下の通り。

  • 渋谷教育学園幕張高等学校 1年 立崎乃衣さん
  • 渋谷教育学園幕張高等学校 教諭 後藤聡氏
  • 千葉工業大学未来ロボット技術研究センター、SAKURA Tempestaメンター 富山健氏
  • レノボ・ジャパン合同会社 代表取締役社長 デビット・ベネット氏
  • NPO法人CANVAS 代表、慶應義塾大学 教授 石戸奈々子氏(モデレーター)
立崎乃衣さん(左)、 石戸奈々子氏(右)
立崎乃衣さん(左)、 石戸奈々子氏(右)

 開催日時は12月5日の11時~12時。対象者はSTEAM教育を担当・推進する教育関係者で、定員は100名。参加費は無料で、事前申し込みが必要となる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0