EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

リブリーと育伸社が業務提携、中学生向け数学教材をデジタル化

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/18 11:30

 スマートに学べる問題集「Libry(リブリー)」を開発、提供するLibry(リブリー)と、育伸社は、業務提携契約を締結したことを発表した。

 今回の提携に基づいて、株式会社育伸社の中学生向け教材『Sirius21標準編 数学』(Vol.1、2、3)をデジタル化し、2021年春に「リブリー」で提供開始する。

 『Sirius21標準編 数学』は全国の私立中学校でひろく採用されている人気の教材で、日々の家庭学習の宿題から、定期テスト前の勉強、長期休暇の課題基礎力の定着まで幅広い学習シーンに対応している。

 スマートに学べる問題集「リブリー」は、出版各社が発行している既存の問題集をデジタル化し、AIドリル機能で生徒一人ひとりの学習履歴に基づいたアダプティブ・ラーニングを可能にする「中高生向け学習プラットフォーム」。現在中学校の数学、高校の数学・英語・物理・化学・生物・地学に対応しており、トライアルでの利用を含めると全国500以上の中学校・高等学校に提供されている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0