EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ソニーのIoTブロック「MESH」、年内にもChromebookへ対応

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/17 13:45

 ソニービジネスソリューションは、同社が提供するIoTブロック「MESH(メッシュ)」が、Chromebookに対応することを、9月16日に発表した。対応時期は2020年内の予定。

IoTブロック「MESH」
IoTブロック「MESH」

 今回の対応は、1人1台端末を整備する「GIGAスクール構想」に基づいて、PCの配備を進める教育現場からの「『MESH』の対応端末を拡充してほしい」との声に応えたもの。

 「MESH」は、人感センサーや温度センサーといった機能ごとのブロックと、身近なものとを組み合わせることで、「部屋に人が入ってきたら写真を撮影する」「気温の変化に応じて植木に水をやる」といった仕組みを手軽に作ることができるプログラミングツール。今年4月から採択された小学校6年生理科の主要教科書にも掲載されており、福岡市では全ての公立小学校で「MESH」が採用されるなど、教育現場での活用事例も増えている。

 今回の対応により、周辺機器(2020年内販売開始予定)と組み合わせて利用することで、Chromeブラウザから「MESH」が利用可能となる。iOS、Android、Windows搭載端末に加え、Chromebookでも「MESH」を利用できることから、より多くの学校教育の現場で活用できるようになる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0